英国紳士の傘山高帽

この英国紳士が傘や帽子を持つ理由

もし日本人の同僚に「一般のイギリス人の男といえば、何のイメージ?」と聞いたら、豪華スーツケースを持ち歩いているスーツに着ている人のイメージがよくでる。勿論山高帽と真っ黒な傘も装備している。私が見掛けがそんなイギリス人じゃないと言えると思う。私は英語のネイティブスピーカーじゃない人に紹介されるときに、普通に初めの教えることが(名前の後で)私の国籍だ。時々「私はどこから来ただろう」というクイズをして、相手はイギリス以外に世界の各国を推測する。普通の順番が「アメリカ、ブラジル、インド、エジプト、南アフリカ・・・」から。ところで、たくさんのアメリカ人は私に初めて会ったときに、私がイギリス人じゃないと思うだけではなく、私がクイーンズイングリッシュを馬鹿にしている同国人だと信じた。 私はイギリス人みたいじゃないが、いろんな国に行けば紛れれそうだ。

このれっきとした英国紳士はケンジントンにある公園を散歩、ジェニー・ロゥローさんによる。
このれっきとした英国紳士はケンジントンにある公園を散歩、ジェニー・ロゥローさんによる。

それはそうだが、最近私はアパートを出る度に黒い傘と黒い帽子(残念ながら山高帽じゃなくてキャップ)を持っていく習慣を採用している。しかし、理由は先月の帰国の旅行と関係ないです。イギリスの素晴らしさを誰もに知って欲しいということじゃない。そんなことはイギリス的なことじゃないね。いつも傘と帽子を持っている理由はアパートの近い問題だから。

カラスだ。ひどいカラスだ。上の「何で、カラス、何でぇ?」のビデオぐらいじゃないが、私はカラスに関連する問題がある。ある日仕事の後で始まりました。2つ鞄を持って車からアパート行きの階段へ歩きながら、夜に飲む飲み物を買おうと思って近い自動販売機に行った。接近しているときに、頭の上からシューッと聞こえて思わずに首をすくめた。目上げたらカラスは私をじっと見てた。石みたいな目が私の魂に深く除いた。カーッと鳴き声を鳴き始めた。やっぱ飲み物がそんなに必要じゃないねと考えて、階段に行った。

シュー!

カラスは私の上に行って、最上段に座っていた。また私をじろじろ見て、肺が出れるほど叫んでいた。私は数段を上って、カラスは動かない。しかし最上段に近づくと、カラスは右側へ5メートルぐらい飛んで行った。私のアパートのドアの前に、今やカラスは座っていた。カラスの反応に緊張して、もう一回私は前進した。もう一回カラスが5メートル飛んだ。ドアを近づいたときに、後ろにお馴染みの「シューッ!」とお馴染みの「カーッ!」が聞こえた。

問題が始めた自販機
問題が始めた自販機

前を見た、カラスが絶対にいた。後ろを見た、もう一匹のひどいカラスがいた。

ドアのロックを開けたら、カラスに後ろを見せなければならなかっただろう、嫌だね。しかも、ドアを開けたとたんカラスがアパートに入ろうとする可能性があった。入るのを諦めた。カラスの2匹を見ながら、階段へ後退りした。マリオのゲームみたいに私はルイージで、カラスはテレサ。しかし、テレサとは違って私がカラスを見たらカラスはまだ来る。階段から早く車へ歩いて戻った。車のドアを開けたとたんひどい鳥が来た。

車に座りながら、どんなことで私がカラスを怒らせたについてググルした。たくさんの理由が出たけど一番可能性があるのが、今は産卵期で私が小鳥に脅威と思われた。カラスの知能を習って怖くて驚いた。何年間も人間の顔が覚えられるばかりか、大変な恨みを抱くのだ。それにカラスは他のカラスにたくさんのことを教える。ソーシャルネットワークみたいに一匹が知ったら、もうすぐ100匹は知るかも。カラスのツイッターだ。20分後、車からアパートまで見事に行けた、鳴き声が聞こえたのに。アパートの後ろ窓から見ると何が見えただろうか。

このカラスはキーサ・マリーさんによって撮影した
このカラスはキーサ・マリーさんによって撮影した

翌日町に歩いた、運転より散歩が早い。ドアから駅まで私は一人じゃなかった。ずっと黒い化け物が私の上に飛んでいた、鳴いていた。駅の下に歩いたとき、カラスが来なかったに安心した。開放された。カラスが顔が覚えることを思い出して私は百均で帽子とサングラスと傘を買った。この偽装を装備して傘を差して帰ったときに、カラスがいなかった。良かったけど、偽装が効果かどうか理解できなかった。

その日から、どこへ行っても私は傘と帽子を持っていっている、傘を差さず。サングラスがやりすぎたと思うので使わない。数回カラスが私のほうに来たが傘を差すともしカラスが私の頭に飛び出したらシールドがあるね。アパートの前と後ろにカラスよけの物を設置したが色んな記事によると、カラスはもうすぐ習うので効果無しになっちゃう。

普通のCDみたいだけど

一番大きな心配はカラスのコミュニケーション能力だ。時々色んな仕事の場所でカラスが私をじろじろ見ているを感じていた。しかし、私は多分妄想しているね。

じゃ、要点をまとめよう。私が最近いつも帽子と傘を持っている理由がイギリス人のステレオタイプ(固定観念)を促進することじゃなくて、ひどい黒い鳥(全部の黒い鳥じゃないけど)から顔を隠したいから。実は効果ないと感じているけどさ。この記事が急いでいるように見えるけど、アパートに入らなければならないがカラスがドアの近くにいる!

あっ!書き終わる前、私のブログについてTomucho.comに書いたトムチョさん、ありがとうございます!その記事を読みたいならぜひぜひクリックしてください!

トップ写真はマーチン・ブーロンジャーさんによる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です