ダーロ対メダルゲーム

日本には、ゲームセンターだけでなく漫画屋やゲーム店の中にメダルゲームがある。イギリスではこのような機械は一般的にゲームセンターだけである。しかもメダルより本物のお金のコインを使う。確か日本の賭け事法律でお金の代わりにメダルは使われるだろう。コイン1枚が10円ぐらいかかるので、遊びはちょっと高くなるかな。

私はゲームセンターが大好きだ。特にUFOキャッチャーとレースゲーム。しかし、子供をこのメダルゲームをすることをよく見る。いつも私の考えることは「いったいどこが楽しい?」と。

メダルを後で現金に換えないので、続く動機は、メダルを景品に換えることだ。ゲームに美味くできれば、メダルをたくさん受けて、素晴らしい景品に換えるということだ。

数日前暇時間があったので、やってみようと思った。千円のメダルを買って、トップ賞を勝ち取ることに挑戦した。その結果をこれから発表する。

千円で120メダルを買った。「知っていることを生かして」を考えながらポケモンの機械に行った。

おい、起きなさいピカチュウ!遊びたいよ!

説明は簡単だった。メダル入り口を動かして、端末にいるポケモンにリンゴを集まらせる。

たやすいことだろう。

メダルを入れて始めた。

挑戦開始!

120枚メダルを入って少数メダルを出るのを見ることが奇妙な気分だった。楽しんでいた?勿論楽しくないよ!

嬉しい男の人ではない

でもその瞬間、コインが十分に小さな穴に入った結果、機械が活気づけた!ビンゴに当たった!やった!これは100枚を得るだろう! ・・・ えっ!えええええええっ!!!15枚だけ?!

知らない新しいポケモンでビンゴ

ピカチュウ達はたくさんリンゴを食べたので、またゲームが始めた。今回のは「どっちが宝物箱」というゲームだ。画面には2つの箱、空き箱と宝物で溢れる、があった。ふたが閉めて、箱が回転した。最初はゆっくりだったので私は「フフン、簡単すぎだろう」と思った。残念ながら、急にびっくりした猫みたいに早くになって正しい宝物箱を見失った。五分五分になった、私は左にした、私は不正解だった。

左か右か。

ただ51枚でポケモンゲームを終えた。ピカチュウを2度と見たくなかった・・・このゲームセンターはポケモンセンターの上にあったのに。

低迷している業績って申し訳ございません。

次はクールな機械にした。

エルザの氷山?

とても簡単な構想だ。メダルを何枚賭けたいを決めて、ボールを放って、ボールがある穴に入るのを望むことだ。

簡単そうだ。

一番小さい可能性、つまり5枚、に設定した。

できるだけ低くしよう!

何のためらいもなくボールを放った・・・できた!

やった!レベル2に上がった!

ボールはレベル2に入って、10メダルをゲットした。メダルカウントは56になった。興奮していた!

勝利だ!

でも事態は悪い方向に向かった。急速にメダルが無くなった。勇気があったら10枚を賭けたら、ダイヤモンドチャンスなほどだった・・・意味がわからないけど。

メダルを2倍の速度で無くなる可能があるね。

メダルが21枚になって、終わったほうがいいと思った。

メダルがあるうちに脱出しろ!

元の120枚の99枚をどぶに捨てるようなもので、私は嬉しくなかった。

嬉しくなさそうな顔。

次の機械はイギリスの海辺のゲームセンターによくあるが、このゲームセンターの機械はデジタルのだった。

デジ競馬場へ行こう!

遊び方は簡単だった。ダイヤルで賭けを決める。難しいことは私は競馬についてよくわからない(船橋競馬所の近く17ヶ月に住んでるのに)!

日本式の競馬賭け方かな。

残りのメダルを入れて、もう始めたレースを休んでみた。

全部を入った、2度と会いたかった

そんなに難しそうじゃないね。

頑張れ~!頑張れ~!

2つのスクリーンで見えた。

いやだ!馬のお尻を見たくないよ!

賭ける時間になった。端末をよく見た。

取っ付くにくいね。

ついに、まごまごして乱雑な場所にメダルを置いてしまった。

え~と~。

緊張にレースを見た。

ドキドキ・・・ドキドキ・・・

レースの中で、無作為の馬にバースト速度をあげる能力を見つけた。自分の馬が知らなかったので、良いことかどうかわからなかった。

人参?まじで?

成績発表で・・・やった!私が選んだのが出た!20枚ぐらいメダルゲットだ!

やった!私は有頂天になった。

・・・と思ったが・・・

勝ったが・・・どうしてメダル数が増えなかったか。

また見た結果私の間違いを見つけた。隣の四角だった。

番号が合わなかった・・?

もっと混乱しないように、1つのことだけにした。

簡単に賭けた方がいい。

馬の3番・・・お願い。

一秒の何分の1かで。

… しかし2位になった。

“辛いね。”

最後の10枚のメダルを引き出して、しっぽを巻いて逃げた。

10枚だけ・・・ヒュー

その瞬間助力が要った。誰かが要った。 ・・・ ヒーローが要った。(ボニータイラー開始。)

ロックマンは救助にかけつけた!

ロックマン(英語でMega Man)、助けて!ロックマンだからこそこの機械が一番簡単と推測した。100%違った。

えええとおおお・・・
あのおおおおお・・・
そして・・・あの・・・えと・・・
あのさ、関係ないけど、画面の真ん中を見ればそれは世界一嬉しいお花?

んじゃ、やってみろと思ってメダルを入れた。

最後の10枚、頑張れ!

メダルが雨のように機械に入って、下の積み重ねに押したこと見た。

お願い!お願い!アナに落ちてお願い!!!

・・・ということで、終了だった。

悲しそうなコップだね。

終わりだった。15分を通じて私は全部の120メダルを無くしちゃった。しかし、一番大切な質問がある。楽しかったか?

これは楽しかった人の顔と思う?

全然楽しくなかった。あらゆる年齢の人々はこのゲームをよくするので、年齢(最近31歳になった)を言い訳として使えない。出口へゆっくり歩きながら、メダルで溢れるコップを持っている人がたくさん見えた。混乱になった。

メダルバンクが使えなかった。

15分で1000円が無くして、メダルバンクを使うチャンスがなかった。敗れた私は、ニュー3DSを遊ぶ為帰った。でも、帰りながら日本人の芸能人とすれちがいMii広場で会った!

タモリさんにすれちがいMii広場で会った!

タモリだ!本当のタモリさんじゃない可能性が高いけどさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です