午前6時だった。

まず、音楽。コブクロの風。

期末試験期間になった。またあけましておめでとう!もう試験を3つ受けたけど、来週は最後の試験だ。受けた試験は日本文学・日本語の書く・日本政治と国際関係という試験だった。とても難しかったんだ。

一番面白い試験はきっと文学の試験だった。試験内、2つの話の部分を翻訳した。吉本バナナの「キッチン」と筒井康隆のまだ英語に翻訳していない「木坂分岐点」だった。キッチンは大丈夫だったけど、木坂分岐点は反対だった。分かりにくいだった・・・いいえ、分かり無理だった。

日本にある仕事のための面接に招待された。楽しみだ。

・・・というブログを書きたかったけど・・・

部屋の割れた窓

今朝、人生の一番怖い事件が起こった。

早朝6時ぐらい、私が眠っているとき誰かが、押し入れるように私の部屋の窓をガチャンと割れた。音が極端だった。ビックリで起きて、「ギャーッ!おい!誰だ?!」と叫んだ。夜のような黒かったが、窓を見ると手を見たと思う。だったら、多分その手は窓の取っ手に向いて進むだろう。

恐怖していた。今までも手や身体が少し振っている。

警察官は来たけど、犯人が見つける可能性があまりないのだ。

確かに私は今悲しいが、幸いなことに、何も盗まれなかった。

かわいそうな窓

んじゃ、最後の試験の準備を始めよう!(聴力試験)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です