運転旅行 第五日 エディンバラ・フェスティヴァル


大きな地図で見る

寝たホテルは朝ごはんをあげないタイプだったけど、安かったので大丈夫だった。

フォールカークのメトロ・インズ

ナビでエディンバラを見つけるのが簡単だったけど、ナビはフェスティヴァルのことをよく分からなかった。まぐれで見つけた。
サックス四重奏

道路は演奏者や俳優でいっぱいだった。雰囲気がよかった。
大聖堂でクラシック音楽を聴いて、セバスチャンちゃんは中流階級になったと感じた。

「変やなあ」と言った。

見たいことがたくさんあったんだけど、無料の地図のせいで見えなかった。しかし、偶然に面白いことをよく見た。
エディンバラは本当に凄い都会だと思う

エディンバラ城

セバスチャンちゃんは飲みすぎた

晩御飯のため、ジキルとハイドというレストランにした。お化け屋敷みたいなレストランだ。特別な本棚の陰に隠れたトイレもある。
怖い椅子

食事はとても安い、(4ポンドと思う)。それに、超美味しかったんだ。偶然に、階下でコメディがあっていたので、食事後見に行った。
怖いながら、良いレストラン

主人と漫才が3人いた。実はだいたい面白くなかったんだ。それはとても珍しいと感じた。ある漫才は歌手のアンジェラ・アキとアイルランド人の漫才のエド・バーンに似ている。

エディンバラを出る前に、「ギルフォード・アームズ」というパブでライブのジャズ音楽を聴いた。残念ながら、カメラの電池が死んでしまったので、写真を取れなかった。

これでスコットランドの冒険が終わった。車ではナビをハルに向かわせたけど、夜だったので、部分だけできた。普通にみんなは「ハル」と言っているんだが、ある町の本名は「キングストン・アポン・ハル」なので、ナビで見つけるのが難しかった。夜の12時頃、イングランドとスコットランドの国境で駐車して寝た。文字通り国境だった。邪魔な壁がなかったら、私はスコットランド、友達はイングランドで寝ることができたのに。
今のマイルは203780

「運転旅行 第五日 エディンバラ・フェスティヴァル」への2件のフィードバック

  1. セバスチャンちゃんは 旅行しながら いい経験をしているね。
    飲み過ぎてよっぱらったのかな。でも、レストランに行ったり
    すばらしい音楽を聞いたりできてよかったね。
    ところで、今から4年生になるんですか。
    新しいリーズ学生が甲南へ来ました。
    今年の学生は寮かホームステイか好きな方を自分で選ぶことができるんですよ。

  2. エディンバラは本当に楽しかったです。
    はい、4年生になっています。
    今年の留学生のことよく知っています(と思います) 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です