アニメオフィサーとして選ばれたことや肥溜め

木曜日に私は接戦な選挙でリーズ大学アニメクラブのアニメオフィサーとして選ばれた。その委員の立場とはクラブのアニメと漫画の図書館の世話をするし、人々が何を貸した物の記録をきっちりと保つし、それに新しいものを買う者である。今からその責任は私のである。しかし、選挙にはとても接線であった。また投票を二度しなければならなかった。

DSC02372肥溜めと言えば、今リーズの町にはゴミをめぐるストを長くしておる。皆のゴミは積もり、醜い所になってきた。この写真は私の家の側で、このゴミは私達だけではなく、他人はこれを見ると、彼らもここにゴミをダンプする。

市議会の忠告はゴミを普通に出し、結局に民間業者は集めにくる。それ以外に特別なゴミ捨てる場所が使えるが、車といった輸送がなかったら、何もできないことである。

ごみ収集人はリーズ町の民人を人質としてやっておるようであるので、彼らに同情しにくい。

「アニメオフィサーとして選ばれたことや肥溜め」への2件のフィードバック

  1. 接戦でアニメオフィサーに選ばれたことはよかった。どんな戦いでしたか?
    ダーロさんなら、きっと安心してまかせられると思っている。それは良いニュースだけど、
    ゴミのことは困ったことだね。早くきれいな街に戻ってほしいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です