インターネットが来たが、光陰矢のごとし

やっとわたしの家に良いインターネットの接続があります。

今日から知らない言葉や文法をインターネットでチェックできるおかげで、勉強はますますやりやすく来ています。光陰矢のごとし、私の試験は9月18日にありますが、合格するかどうか分かりません。毎日毎日勉強しているけれども、この間本物みたいな夢で小さい研究室には先生たちは私に「失敗」と言いました。面白いことに夢はすべて日本語でした。私の困ることはもし失敗したら、どうしますか。時々この勉強している生活は砂をかむようですが、私は絶対にサジを投げていけません。

実際に、先日私の日本語は優しい言葉をもらいました。友達と地震を話して、私に「リーズも地震があるか」と聞きました。私の返事は「珍しいけど」でした。一般的に私は日本語を使うと色んな間違っていますが、その時他の友達によると私の返事は良かったです。

一昨日、私は日本にいる友達に吃驚してあげました。私の携帯ネットワークから時々国際電話は無料ので、彼女に電話してあげました。楽しい会話がありましたが友達は本当に吃驚したと思います。そうして、もし変なイギリス人から電話してもらったら、多分私です。

「インターネットが来たが、光陰矢のごとし」への2件のフィードバック

  1. インターネット環境がととのって安心しましたね。無料国際電話も便利ですね。
    試験のために勉強していて、どんなに難しくても「サジを投げていない」のはよかった。
    この前、甲南大学のキャンパスで中村先生に会いまして、リーズでの話を聞きましたよ。
    今日は留学生たちのWelcome Partyがあるんです。今年はぜんぶで43人です。
    光陰矢のごとしで、この一年は過ぎてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です